商品サイズ : W 42.5 D 42.5 H 6.7cm

4代 川端近左略歴
大阪の漆芸家で代々家芸と号「近左」を継承する4代目。
京都の油屋「近江屋」の川端佐兵衛が数奇者であり、本業のほかに漆芸や蒔絵などの作品を独自に造り、次第に本格的に号:近左を用いたことが始まりで初代の後を代々が受け継ぎ、更なる技術の向上や研鑽をして現在は六代の一价氏が活躍中。
代々の作品は代数を重ねるごとに洗練された漆芸茶道具を生み出しており千家からの信頼も厚い。尚、初代佐兵衛の長男は日本画家の川端玉章で玉章の弟が漆芸を受け継いでいる。
  •