ソニックガーデン


商品説明文
メーカーマイクロエース
商品詳細
【実車紹介】
1969(昭和44)年、大阪市では堺筋線の開業に伴って60系を登場させました。堺筋線は阪急線との直通運転が予定されていたため、大阪市では初めて架線集電式が採用されました。登場当初は前面下部を警戒色として赤色に塗装していましたが、ラインカラーの制定に伴って1975(昭和50)年から順次茶色(ビビッドブラウ ン)に変更され、側面にも社紋入りの帯が巻かれました。また、輸送力増強に伴い5両編成18本を6両編成15本に、さらには8両編成に組み替える改造が行われ、最終的に8両編成9本にまとめられました。組み替えと平行して1981(昭和56)年から順次パンタグラフが下枠交差式のものに変更されたほか、1991(平成2)年から冷房改造が行われました。冷房改造工事2本目の6002編成以降からは客用扉の交換、側面行先表示器の設置、内装材・座席の交換などの車体更新工事が併せて行われ、後継の66系と同等にまで接客設備を向上させました。最終的に8両編成4本が冷房改造・更新工事を受けて活躍しましたが、後継の66系の増備に伴って2003(平成15)年までに順次引退しました。現在は6014号車が保管されています。

商品仕様アルミボディに赤茶色の帯

・1977年末~1979年初頭の赤茶帯時代を再現
・ヘッドマーク掛けが付けられた前面を再現
・非冷房
・菱形パンタグラフ搭載

【セット内容】
6018
6318
6618
6418(M)
6518
コピーライト------
商品サイズNゲージ
対象年齢------
備考※画像は実車イメージです。実際の商品とは異なります。
個数制限------
発売予定日2016/4

「納品のない受託開発」に取り組む"株式会社ソニックガーデン"の代表を務める倉貫義人のブログです。倉貫自身の言葉で、人材育成からマネジメントまで、ソニックガーデンの経営哲学とノウハウについて、日々の学びから記事にしています。

1 2 3 4 5 12 »