ソニックガーデン


【インフォメーション】
実車ガイドキハ181系は1968年に勾配線区向けとして登場した特急型ディーゼルカーです。
JR四国に所属したキハ181系はクリームに水色が入ったカラーリングで活躍していました。
特徴●キハ181系のJR四国色を再現
●トレインマークはシール対応
●JRマーク印刷済み
●車番は選択式で転写シート付属
●ヘッド・テールライト、トレインマークはLED点灯で常点灯基板装備
●フライホイール付動力搭載
●新集電システム、黒色車輪採用
●キハ181は先頭部ダミーカプラー装備
製品内容【車両】
●キハ181
●キロハ180
●キハ180(M)
●キハ180(T)
●キハ180(T)
●キハ181

【付属品】
●ランナーパーツ:無線アンテナ
●シール:トレインマーク
●転写シート:車番

「納品のない受託開発」に取り組む"株式会社ソニックガーデン"の代表を務める倉貫義人のブログです。倉貫自身の言葉で、人材育成からマネジメントまで、ソニックガーデンの経営哲学とノウハウについて、日々の学びから記事にしています。

1 2 3 4 5 12 »